屋根工事業者様へ

製品について


瓦の材質は何ですか?

弊社製品は粘土を原料とした粘土瓦です。
製品によって異なりますが、平均約1,050~1,200℃の高温で焼成されています。
色付けは、ENGOBE(エンゴーベ)と呼ばれる化粧土をかけて焼成して行います。
焼き物の瓦ですので、耐久性が高く、退色や劣化は殆どありません。

瓦の重量はどのくらいですか? フランス瓦は国産瓦より重たいのですか?

瓦の重量は、瓦の種類・寸法によって異なります。
葺き枚数 10枚/㎡タイプ: 約44kg/㎡~49kg/㎡
葺き枚数 20枚/㎡タイプ: 約44kg/㎡~53kg/㎡
葺き枚数 60枚/㎡タイプ: 約65kg/㎡~71kg/㎡

*瓦の利き足、利き幅によっても異なります。詳しくはイメリスTC標準施工ガイドをご参照ください。

 

マンセル値について教えてください。

イメリスTCの粘土瓦には、経年美を表現する為、意図的に色むらをつけた製品が多くあります。
その為、マンセル値は公表しておりませんが、案件に応じて、資料をご用意させて頂きます。
詳しくは、イメリスTC ジャパンサポート本部へご連絡下さい。

 

不燃材料認定番号を教えてください。

イメリスTCのフランス製瓦は全て粘土瓦であり、国土交通省告示第1400号により、「瓦」は不燃材と明記されています。不燃材料に係る大臣認定取得は必要ありません。
建築確認申請の不燃材料認定番号は、「国土交通省告示第1400号にて認定」とご記載下さい。
詳しくは、不燃材認定について をご参照ください。

 

瓦の耐凍害性について教えてください。

寒冷地の屋根材は、凍結と融解による損壊に強い品質が必要です。粘土瓦のJIS規格で定められた耐凍害試験(JIS A 5208 5.5:水中に24時間以上浸して吸水させた後、-20℃で8時間以上凍結)を25回繰り返して実施した結果、ひび割れ、剥離は認められず、確かな耐寒性能が実証されました。

 

瓦の吸水性について教えてください。

各試料を110℃の乾燥機内に24時間以上おいた後、水温15〜25℃の清水中に24時間以上浸して吸水率を調査。その結果、イメリスTCフランス瓦の吸水率はJIS規格で定められた12%以下を大きく下回る1.6%-8%という、優れた吸水率が実証されました。

*瓦の吸水率は、製品によって異なります。詳しくはイメリスTC ジャパンサポート本部へご連絡下さい。

 

瓦の強度(曲げ破壊荷重試験)について教えてください。

JIS規格の曲げ破壊荷重テストでは、1枚あたり1500N(153.0kgf)以上の強度が必要と定められています。イメリスTCフランス瓦は、JIS規格の荷重に対する耐圧性も万全のレベルを確保しています。

*瓦の強度は、製品によって異なります。詳しくはイメリスTC ジャパンサポート本部へご連絡下さい。

 

スペイン産、イタリア産の瓦と違いはありますか?

瓦の品質はその土地の粘土質および焼成温度により異なります。同じヨーロッパ産の瓦であっても、南欧の温暖なエリアで製造されているイタリア・スペイン産瓦は、 比較的吸水率が高く、寒冷地に適していない製品もございます。 イメリスTCの瓦は、寒冷地でも安心してご採用頂ける、低吸水率の製品も多数ございます。詳しくは、イメリスTCジャパンサポート本部へお問合せ下さい。

 

 

施工について


 

屋根勾配は何寸から施工可能ですか?

瓦の種類・寸法によって対応勾配が異なります。
葺き枚数 10枚/㎡タイプ:4寸勾配~
葺き枚数 20枚/㎡タイプ:6寸勾配~
葺き枚数 60枚/㎡タイプ:7寸勾配~

*但し、流れの長さや物件により上記と異なる場合がございます。詳しくはイメリスTCジャパンサポート本部へご連絡下さい。

 

雪止め瓦はありますか?

瓦と一体型の雪止め瓦はございません。各製品にあった、雪止め金具をご案内しております。

*詳しくはイメリスTCジャパンサポート本部へご連絡下さい。

 

面戸瓦はありますか?

瓦と****

 

太陽光パネルの設置は可能ですか?

支持金具での対応もしくは****となります。各太陽光パネルメーカー様によって様々な工法がありますので、取扱店様にご相談下さい。

 

その他


イメリスTCは輸入商社ですか?それともメーカーですか?

イメリスTCは、フランスで粘土製屋根瓦を製造しているメーカーです。創業200年になります。
製品は、フランス工場から、日本国内の正規輸入特約販売店様へ直販されています。